きものゝ館 京のきもの ニッタン 京のきもの ニッタン きもの工房へようこそ!! ・・・日本文化を伝える染と織・・・

トップ会社概要着物への想い
商品
クリニック(料金)
お手入れきもの物語倶楽部Q&Aカルチャー教室お問い合せ






私達、団塊の世代は 自分達の小さい頃、親や先生から頻繁にやかましく言われてきた言葉です。
それが今の日本人には すっかり忘れられ、皮肉にも外国人より 日本のすばらしい言葉として再認識されるようになりました。
戦前戦後の 物のなかった時代に、衣食住すべてに対して、大切に 無駄にしないように しつこく言われた言葉です。

矢立(携帯硯箱)
【矢立(携帯硯箱)】

実は きものは、現代社会に充分通用するすぐれ物だったのです。
3丈(12m) の布に、たった7回の ハサミ入れで 8枚の(パーツ)ができ、縫い合せると 美しい着物姿に変身し、また洗張りをすれば 1枚の元どうりの布に!何回でも 誰の寸法にも再生出来ます。
先人達の 知恵の凝縮 そのものです。

きものは 母より娘、孫へと何代にも受継がれる勤勉さがあります。そして着た人を美しく見せてくれ、正直な心が 作る人にも、着る人にも、優しくぬくもりを伝えてくれますので、古きモノに 新しき息吹を与えて下さい。

Copyright (C) 2005 kimono-nittan All Rights Reserved